アニマルレスキュー・ラジオ!第4回:犬&猫の社会化

犬&猫の社会化

今回のアニマルレスキュー・ラジオでは、犬や猫が人間社会の中でうまく暮らせるようにコミュニケーション能力や社会適応能力を養う時期という意味の「社会化」についてお話しています。英語では「ソーシャライゼーション」と呼ばれ、動物を良く知る人や、動物レスキュー団体関係者の間ではよく知られている事です。

子犬&仔猫のうちから色々な状況を安全に経験させてあげる事で、成長したときの順応性、精神の安定を作り出してやる事ができます。現在欧米で、生後8週間未満の子犬や仔猫を売ったり、譲渡したりしない理由がこの「社会化」で、生後まもなくから、8週〜14週までの間がその子の一生の中で一番大切な時期となります。この時期に、親犬&猫や兄弟達と離され、ショーウィンドウの中で時間を過ごす子犬や子猫達は、正しい社会化を学ぶ事なく育ち、そしてそれが精神的、身体的ストレスとなり、様々な「問題行動」を起こす原因になっていると言われています。

第4回:犬&猫の社会化

参考資料

ぬいぐるみクマでもわかる。動物の社会化 via 被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10905261248.html

仔犬/仔猫の社会化について via Dear Paws
http://dear-paws.com/animal-rescue-in-usa/socialization-for-puppies-kittens/ 

成長過程の仔犬の成長について
https://ja.sunshinesmile.org/animal-resources/developmental-stages-puppy-behavior/ 

Take Your Dog To Work Day®(犬を会社に連れて行こう!の日)英語サイト
http://www.takeyourdog.com/ 

尚、アニマルレスキュー・ラジオではみなさまからのアメリカの動物&アニマルレスキュー事情に関する質問を募集中です。質問フォームよりお気軽にメールくださいね〜。

このラジオについて

当ラジオの中で「アメリカでは」という表現をする事がありますが、その対象はメリーランド州とカリフォルニア州に限定している事があります。アメリカの動物に対する取り組みや考え方は州法や自治体、生活形態により大きな違いがあるため、内容が全米に共通している訳という事でない事をご理解ください。